プロペシアはAGA治療において外せない代表的なAGA治療薬です。当サイトでは、そのプロペシアのジェネリック医薬品もご紹介したいと思います。選ぶならジェネリックか!?

髪の毛に悩む男性
  • ホーム
  • 育毛剤を使うべきか?AGA治療薬を使うべきか?

育毛剤を使うべきか?AGA治療薬を使うべきか?

薄毛対策として候補に挙げられやすいのが、市販の育毛剤や病院で処方を受けられるAGA治療薬です。
いずれもメジャーな対策方法として考えられていますが、ただどちらを用いるのが良いのか悩んでしまうこともあるでしょう。
判断をするためのポイントはいくつかあるのですが、一つに進行状況を考慮して見極めることです。

まずそれほど薄毛が進行していない、あるいは薄毛にならないための予防を考えているという場合には、市販の育毛剤を用いた方が良いと言えます。
一方のAGA治療薬ですと医薬品ということもあって負担が大きいです。
副作用の懸念もあるため、それほど症状が進んでいない場合や予防目的の場合に利用するのは考え物とも言えるのです。
また、費用の面でも負担が大きくなりますから、やたらに活用すると無用な出費にもなりかねないでしょう。

反対に症状が重たい場合は積極的にAGA治療薬を選択する意義があると言えます。
髪が減って頭皮が見えやすくなっている場合や、完全に頭皮が露出してハゲた状態になっている時など、こういった場合は医薬品で対策を講じる必要があります。
育毛剤では効かない可能性が高いため、効果のある方法で対処していかなければいけません。

対策の仕方の判断については、個々の進行状況に照らし合わせて考えることが大切です。
薄毛の症状は人それぞれで異なるものですので、画一的に考えることはできません。
しかしながら多くの場合は、育毛剤から対策に取り入れることになる可能性が高いです。
いきなりAGA治療薬を用いるのはハードルが高いものであり、まずは育毛剤を使って様子を見るという人が多いでしょう。
汎用的に活用しやすいアイテムのため、薄毛対策の初心者にも打ってつけです。

なお、市販の育毛剤を使う際には選び方を誤らないように要注意です。
AGA治療薬の場合は選択肢が少ないですから迷うことはないですが、育毛剤の種類は豊富で判断に迷いやすいです。
選び方に失敗すると益々効かないリスクが高まりますから選定には注意しなければいけません。

育毛剤を選ぶ基準ってある?

育毛剤を上手に選ぶためには、はじめに種類についての理解を深めておくことが大切です。
他にも養毛剤や発毛剤と呼ばれる物もありそれぞれで異なる効果を持ちます。

養毛剤は比較的マイルドに作用するのが特徴で、毛髪や頭皮を健やかに保つ働きがあります。
副作用のリスクが低いために日常的に使いやすく、予防目的で対策をしたい人に最適です。

育毛剤は養毛剤と比べ、今ある毛髪の成長や脱毛を予防する効果により一層の主体を置いています。
成分構成も力強い内容の物が多く、積極的な対策をしたい人に打ってつけでしょう。

発毛剤は種類の中でも特に強力な成分を含めているのが特徴です。
脱毛した毛髪を生やすことを主たる目的にしており、薄毛が進行している人に適しています。
また、発毛剤の中には医師や薬剤師からの処方が必要な、医薬品に分類される物が存在するのが特徴的です。
成分が強力になる分、副作用が出ることもあります。

これらの種類の中でも中間に位置する育毛剤は使いやすい存在と言えますが、上手に活用するには有効成分に注目するのが鉄則です。
どのような成分が含まれどういった効果に期待が持てるのか、これは育毛剤の選び方のマストとなるポイントであり、有効成分が頼りないと効果にも期待はできません。

成分の良し悪しを判断する方法としては、有用性をよく確認するほかありません。
本当に期待ができる成分なのか、情報を確認して見極めることが大切です。
自分自身で成分表示を十分に確認しながら選ぶのが失敗しないためのコツです。

医薬部外品に該当するのかどうかもポイントの一つと言えます。
単なる化粧品成分の物もあるものの、化粧品に分類されている成分は効果が低めです。
その点、医薬部外品の物は一定の効果が認められた成分が含まれていますので、選ぶ際の一つの基準とできるでしょう。