プロペシアはAGA治療において外せない代表的なAGA治療薬です。当サイトでは、そのプロペシアのジェネリック医薬品もご紹介したいと思います。選ぶならジェネリックか!?

髪の毛に悩む男性
  • ホーム
  • カビに効くイトラコナゾールとミコナゾール

カビに効くイトラコナゾールとミコナゾール

カビの仲間は真菌と呼ばれ、細菌よりも動物の細胞に近い特徴を持っています。
イトラコナゾールやミコナゾールは、カビの細胞を破壊する効果がある医薬品で、抗真菌薬と呼ばれます。
イトラコナゾールはトリアゾール系、ミコナゾールはイミダゾール系の薬で、両方合わせてアゾール系に分類されることもあります。

人間の細胞膜はコレステロールでできていますが、真菌の細胞膜はエルゴステロールが主成分です。
イトラコナゾールはエルゴステロールの合成を妨げ、殺菌する作用があります。
コレステロールにも影響を与えるため、副作用を起こす恐れがありますが、アゾール系の抗真菌薬は副作用が比較的少ないことで知られています。

イトラコナゾールは多くの種類のカビに幅広く効果を発揮します。
飲み薬として使用した場合、ゆっくりと吸収され効果の持続時間が長いという特徴があり、1日1回の服用で効くのが普通です。
ミコナゾールも色々なカビに効く薬で、軟膏や内服薬のほかに座剤や注射液としても用いられます。
またフケを防止するシャンプーの有効成分として配合されていることもあります。

イトラコナゾールの副作用には吐き気や下痢などが比較的よく見られ、また光に対して過敏になったり、湿疹ができたりする場合があります。
もともと肝障害のある方は服用に注意し、定期的に検査を受けることが必要です。
原則として妊娠中の方は使用できないことになっています。
飲み合わせの悪い薬がいくつかあり、特に抗凝固薬のワルファリンは効き過ぎて出血が止まらなくなる恐れがあります。

通常の真菌症にはイトラコナゾールやミコナゾールの外用薬を使用します。
体内深くにまでカビが入り込んで、外用薬だけでは治療できない場合に内服薬が効果的です。
イトラコナゾールは吸収を高めるため、胃酸の分泌が盛んな食後に服用するのが基本です。
多量のアルコールを一緒に飲むと副作用が出る可能性が高くなるので注意してください。

カビが原因の病気とは?

カビの胞子は至る所に浮遊しており、人間の体表にも常在菌として住み着いています。
通常の免疫力があれば病気の原因になることはありませんが、体力が落ちたときに真菌症を引き起こすことがあります。
カビの一種である白癬菌は、さまざまな真菌症の原因になります。
最も一般的な例は水虫で、皮膚がめくれたり痒みが止まらなくなったりします。

白癬菌が陰部に感染するとたむしと呼ばれ、頭部に感染するとしらくもと呼ばれますが、いずれも水虫と同じものです。
真菌が皮膚に角質で繁殖していれば表在性真菌症で、塗り薬で治すことができます。
しかし真皮にまで達する場合や、さらに内臓にまで感染が広がる場合もあり、重症になると命にかかわることさえあって、治療には時間がかかります。

白癬菌のほかにカンジダやクリプトコッカスなどもカビの一種で、カンジダ症やクリプトコッカス症を引き起こします。
カンジダ症は口や性器の粘膜がただれたり痒くなったりする病気です。
カンジダ菌そのものはありふれたカビですが、免疫力が低下すると悪玉菌として働きます。
クリプトコッカス症は肺に感染して髄膜炎や脳炎などの原因となり、致死率も10%以上ある恐ろしい病気です。

しらくもは頭部浅在性白癬と呼ばれ、10歳未満の小児に多い症状ですが、難治性脱毛症の原因になることがあります。
爪水虫は白癬菌が皮膚の深部にまで達した状態で、外用薬だけでは治療できないので、イトラコナゾールやミコナゾールを有効成分とする内服薬で治療します。
カビが原因の病気を防ぐには、清潔と乾燥を保つこと、栄養の偏りやストレスを避けて免疫力を落とさないことが重要なポイントです。
また動物から感染することもあるので注意してください。