プロペシアはAGA治療において外せない代表的なAGA治療薬です。当サイトでは、そのプロペシアのジェネリック医薬品もご紹介したいと思います。選ぶならジェネリックか!?

髪の毛に悩む男性
お知らせ
髪に関して心配する男性

プロペシアは男性型脱毛症、いわゆるAGAに対して効果を発揮するお薬です。
プロペシアは内服することによりAGAの原因物質とされるDHTと呼ばれる男性ホルモンの生成を抑制して抜け毛の原因を取り除くといったもので、発毛の効果は認められませんが抜け毛を防止することでその多くは発毛を実感することができます。
このプロペシアは先発薬ですが、後発医薬品のジェネリックも販売されており、プロペシアを使うよりも費用を抑えてAGA治療が行えます。

プロペシアの成分フィナステリドの効果

プロペシアにしてもそのジェネリックにしても含まれているのはフィナステリドと呼ばれる成分です。
フィナステリドは薬の区分としてはホルモン剤の一種で、5α-還元酵素2型阻害薬とも呼ばれます。

抜け毛の原因のひとつにDHTと呼ばれる物質があります。
このDHTはジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種であり、代表的な男性ホルモンであるテストステロンから5α-還元酵素の働きによって生成されるものです。
フィナステリドは服用することによって5α-還元酵素の働きを阻害し、この作用によってDHTの生成を抑えるというものです。

DHTが男性型脱毛症のすべての原因というわけではありませんが、AGA患者のそのほとんどが頭皮に高濃度のDHTが存在しており、このため少なくともAGAが起こる原因のひとつといえます。
DHTの働きとしては毛周期を乱すというもので、特に成長期にある毛の働きを阻害し、太く長く育つ前に抜け落ちるというものです。
そもそも毛というものは成長期、退行期、休眠期といったサイクルで生え変わっているもので、成長期が阻害されることで毛を増やすことができません。
さらに成長期のサイクルが短くなると毛は薄くなり、やがては完全に脱毛してしまうことになります。

なお、男性型脱毛症の特徴としては前額か頭頂部付近から薄毛が始まり、その部分のみ脱毛してしまうということです。
このため側頭部や後頭部は毛が残ることも多く、このような髪型になってしまうと典型的な男性型脱毛症といえます。

フィナステリドの働きはこのDHTの生成を減らすことによってAGAの原因を取り除くことが目的です。
フィナステリドを服用することによって、成長期を正常化することができ、それまでの細くて短かった毛髪を長くて太い毛に変化させることができるというものです。

このフィナステリドはもともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されたものですが、副作用でこのような男性の増毛
効果が認められたためAGA治療薬として研究されて登場したのがプロペシアになります。
すでに60カ国以上で使用されており安全性が高く副作用も少ないためAGA治療での第一選択薬として使われていますが、AGA治療は自己負担となるためプロペシアの価格がネックです。
このため同じフィナステリドを含んだジェネリックを選択するという人も多くいます。

ジェネリック医薬品のエフペシアとフィンペシア

プロペシアのジェネリック医薬品として有名なのがエフペシアとフィンペシアです。
いずれもインドにあるシプラという製薬会社が製造販売しているもので、プロペシアと同じ有効成分であるフィナステリドが含まれています。
このため作用としてはエフペシアもフィンペシアも同じでプロペシアと同じ効果を得ることができるものです。
その一方で価格はプロペシアの半分以下に抑えられているため、コストを重視する人に支持されており世界中で使われています。

またエフペシアもフィンペシアもプロペシアの国際的特許が切れる以前から発売されているもので歴史のあるジェネリック医薬品です。
そもそもジェネリック医薬品は先発薬の各種特許が切れたあとに発売されるもので、後発医薬品とも呼ばれます。
しかし、この特許制度には各国で違いがあり、インドでは特許期間が短いため2006年頃にはプロペシアのジェネリック医薬品としてフィンペシアが登場しているものです。
ただし特許制度が国際基準にある国では正規にエフペシアやフィンペシアを販売することはできませんから購入する方法はエフペシアとフィンペシアが売られている国で購入し個人輸入をすることになります。

一方で同じ製薬会社から販売され、その目的も同じであるエフペシアとフィンペシアの違いは、ほとんど変わらず同じものです。
実際にパッケージも似たようなものですし錠剤の形もそれほど違いがあるわけではありません。
エフペシアはフィンペシアのあとに発売されたもので、この理由のひとつとして考えられるのがフィンペシアの錠剤外部コーティングにキノリンイエローという物質が使われていたことで、このキノリンイエローは日本では発がん性が疑われるという見識があって、このキノリンイエローを使わないものとしてエフペシアが登場したというものです。
ただ、キノリンイエローを使っていたフィンペシアも、現在ではキノリンイエローを使わなくなっており、そのため今の時点においてはエフペシアもフィンペシアもまったく同じフィナステリドを含んだAGA治療薬となっています。
このためキノリンイエローが使われていないフィンペシアの登場でエフペシアは製造はすでに停止されており、最終的にはキノリンイエローが使われていないフィンペシアに置き換わる予定です。

服用に注意事項はある?

エフペシアもフィンペシアもプロペシアのジェネリック医薬品であり薬の作用としての注意事項もまったく同じです。
注意事項としては、1日1錠を守ることや女性や子供に触らせないこと、また服用させないことや自己判断で量を調節しないこと、副作用に気をつけるといったことです。

そもそもフィナステリドの働きは特定の男性ホルモンの生成を阻害するというものであり、もともとは前立腺肥大という男性特有の病気の治療薬であるため、女性が使用すると思わぬ副作用が出る可能性があります。
また子供の発達にも悪影響を与えることが懸念されますから、子供への使用は絶対に避けなければなりませんし、妊娠中の場合には胎児の発達に悪影響を及ぼすリスクがあるので、責任をもって管理することが求められるものです。
また男性も過剰に服用したからといって効果が強く出るものではありませんから、用法用量を守り1日1錠を原則に服用することが効果を十分に引き出させるためには重要なことになります。

一方で副作用についても理解しておくことが重要です。
副作用はプロペシアと同じで性機能の低下がもっとも高く出る可能性のあるものになりますが、それでも発現率は1%程度と少ないものになります。
それでも性欲の低下が副作用としては確認されており、勃起不全(ED)や射精障害になる可能性もゼロではありません。
これは男性ホルモンに作用することが大きく影響していると考えられ、また子供を作りたいといった場合にはフィナステリドの使用は控えた方が良いと言われています。

またこの他にもフィナステリドそのものに対して過敏症(アレルギー)がある場合や肝機能の低下、身体の女性化なども極わずかながら報告されています。
過敏症や女性化などは見た目にもわかりやすいものですが肝機能の低下は血液検査をしなければわかりませんから、もともと肝機能に問題がある人は服用に注意が必要です。
これはフィナステリドに限らずあらゆる薬に言えることですから、薬を服用するさいには定期的な検査を行った方が安全に服用することができます。
いずれにしても用法用量を守っていれば重大な副作用が出る可能性は少ないのがAGA治療薬のプロペシアであり、またジェネリック医薬品であるエフペシアやフィンペシアも同様のことが言えるものです。